今日はサクッと足舐め奉仕してきました。

1時間ほどの短い時間でしたが大きな蒸れた足を堪能することができ幸せな時間を過ごせました。

大きな足の大学生への足舐め奉仕【舐め犬ブログ】

★あなたの舐め犬★よりアンケートのお願い。
あたなは女性ですか?男性ですか?より良いブログにするためにご協力お願いします。

本当に寒くなってきたと実感する最近ではありますが、舐め犬の活動は寒さには負けてられません。

暑くても、寒くても、そこに舐められる女性のパーツがあるならば犬のようにハァハァと言いながらしゃぶりつかせていただきます。

今回は大学生。こちらは出会い系サイトで知り合いました。

足舐めさせてくれる方いませんかと募集したところ大学生のナナちゃんが手を挙げてくれました。

ナナちゃんは大阪の大学に通う20歳。

出会い系は暇つぶしで登録していて暇なときに見るくらいとのこと。

今回はそんな暇つぶしでサイトに来ていたナナちゃんに釣り糸が引っかかったということです。

なんてタイミングがいいのでしょう。

足舐めの募集としてお願いしていましたので、お会いする前にいくつか要望を出していました。

1、私の大好きな生足パンプスで来てほしい。
2、夕方に会いたい
3、会う前にできるだけ歩き回っていてほしい

要するに臭いを溜めてほしいということです。

「大丈夫だよ」ということで、快くOKしてくれました。

いろんなフェチをお持ちの方はこちらからどうぞ
大人の生活にあこがれている方はこちらから
主従関係の恋愛に興味がある方はこちら
大阪ナイトライフ情報

足の大きなナナちゃんと会う

奉仕の場所はカラオケルーム。

大阪梅田のカラオケルームの前で待ち合わせ。

5分前にそこへ着くと160cm弱の女の子が立っていました。

「ナナさんですか?」
「はい」
「よろしくおねがいします」
「こちらこそ」

早速部屋の中に入ることにしました。

ソファに座り5分ほど会話。ちゃんとパンプスに素足の姿できてくれています。

真っ赤なパンプスが美しく輝いています。

時間が1時間しかないということでしたので早速舐めさせてもらうことに。

「早速いいですか?」
「はい。どうすればいいですか?」
「そのままでいいですよ。」

ソファに座っているナナちゃんの片足を手に取りパンプスをそっと外します。

パンプスを手に取るとかなりの大きさのパンプスで思わず、「何センチ?」と聞いてしまいました。

「足大きいね、何センチ?」
「25cm」
「舐めごたえあるね。」

本当に大きな足で私の顔くらいあるのではと思うほどでした(言い過ぎですね。。)。

すかさず足の裏に鼻を押し付けて香りを吸い上げます。

いつものこの瞬間は涙が出るくらい幸せな気持ちになります。

「スースー」鼻を鳴らしながら吸い上げます。

「いい匂い」

この言葉に応えることなくナナちゃんは異様なものを見るまなざしで私を見下しています。

指の付け根、指と指の間、足の甲と全体をまんべんなく匂い上げます。

臭いはしっかりと足にしみこんでいます。生温かな一般的には臭いといわれる匂いが沁みついています。

「ナナちゃんって、足舐められたことある?」
「いやぁ、ないです。」
「初体験なんだ。舐めてあげるから見ていてね。」

そういうと私は口を少し開きナナちゃんの顔を見ながら親指をカプリと咥えました。

ナナちゃんは「ふっ」っと不敵な笑みを浮かべてしっかりと見つめています。

味は抜群!!おいしい。しっかりと臭いの沁み込んだ味が口の中に広がります。

チューチューと音を立てて指たちを吸い上げていきます。

時折ナナちゃんから「んっ、んっ」と喘ぎ声が聞こえます。

それを聞いてますます私の気持ちがハイになります。

足の裏全体に舌を這わし、これ以上味が出ないというくらいに舐めまわし、吸い上げます。

「幸せ」つい心の声が漏れてしまいました。

片足を十分に舐め終わりなんと30分が経過していました。

あと30分しかありません。

もう方一歩の足を30分かけて舐めていきます。

舐めていた片方の足を下ろし、次の足に取り掛かろうとしたときに先ほど脱がしたパンプスが転がっていたので、そっと拾い上げ、パンプスの中をにおいました。あまり足のにおいはしませんでしたが、下敷きの汚れが生々しかったのを覚えています。

そっとパンプスを置き、もう片方の足に取り掛かります。

こちらの足もまずはにおいをクンクンしていきます。

ムレムレです。最高です。

先ほどと同様に足指から入り、全体の足の裏を丁寧に舐めていきました。

私は先ほどからあそこがジンジンしているのを我慢していましたが、自分で少し刺激しなければおかしくなりそうだったため、ズボンの上からさすってやりました。

それをみたナナちゃんは

「手で抜いてあげよっか?」

と何ともうれしいことを言ってくれるじゃないですか?

ありがたくお言葉に甘えてシコシコしてもらいました。

もちろん足指を舐めながらです。

逝くときに親指に強く吸いすぎて、「痛い」と言われましたが、

とても幸せな1時間を過ごすことができました。

短い時間でしたが大きな足を堪能することができいい夢を見れそうです。。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 大人の生活ブログ フェチへ
にほんブログ村

コメントを残す

おすすめの記事